立体手袋 赤鬼青鬼

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 700円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ぬいぐるみみたいな鬼の手袋です。
なんで鬼なのかっていうと、高松からフェリーで15分ほどにある女木島があの「鬼ヶ島」という事実にちなんでいるからです。
伸びの良い素材で、だいたい2歳あたりから7歳ぐらいのお子様がご使用いただけます。

この手袋は経済産業省 四国経済産業局の「アーティスト・イン・ファクトリー」という活動から生まれました。
ざっくり説明すると、香川県東かがわ市が日本の手袋生産シェアの90%ほどを占めていているものの、産業としては新しい物が生まれにくくなってしまっているので、工場にアーティストを放り込んで化学反応を起こしてみようという試みです。
アーティストの高橋信雅さんが抜擢され、東かがわ市の手袋業者 株式会社フクシン さんで共同開発を行いました。

高橋さんは普段絵を描いているのですが、だからと言って絵やデザインを工場の人達に教えても同じようにやることはできない(=事業として継続できない)ので、アーティストという立場から「新しい物を生み出す」という実験をいくつか行いました。例えばストッキングの様に外すと小さくなる手袋や、紫外線で変色する手袋など、実際に試作品もたくさん作って研究をしていました。

ある時高橋さんが職人さんから「人間の手が5本指だから手袋も5本指だけど、6本指の手袋だって作れるんだよ」という話しを聞いて「それだったら全く関係のない突起を手袋に付けられるんじゃないか!」と、手袋をフィギュアなどのような立体物と捉えて考え始めました。
そして生まれたのが日本を代表するモチーフである「日ノ丸富士山」と香川のお土産物になる「赤鬼青鬼」です。「日ノ丸富士山」は手の甲部分がポコッと盛り上がっており、きれいな富士山形になっています。「赤鬼青鬼」は鬼の角やパンツも再現し、パペット遊びもできるぬいぐるみのようです。

こうして「立体手袋」という新しいジャンルを作り出すと、今度はフクシンさんの方でアレンジして動物シリーズを作ったりと様々な商品展開ができるようになりました。
見た目がかわいいだけでなく、内側もフクシンさん独自の「裏起毛」加工によってフワッフワでとても温かく、親子そろって嬉しい商品になりました。

実は店主は商品開発の際にお手伝いをさせてもらっていて、それがご縁を繋いで巡り巡って仏生山に移住してきました。この手袋が無かったらTOYTOYTOYは生まれていません。


手袋サイズ
130 × 90 (mm)
台紙サイズ
173 × 195 (mm) *台紙は外した後お面として使えます